血糖値を正常値に下げる方法

糖尿病の実費で血糖センサーの理由と費用

糖尿病で血糖を計るとき、血糖自己測定器という一台15000円ぐらいの機械を買わないといけないんですが、買わなくてよくて、病院から借ることになっている。(病院は患者を離したくなし、大抵の糖尿病の患者は治療のために15000円の機械かって下さいといっても病識がなく理解がないので買わないし、治療をそこでやめてしまうかもしれない。)
その機械で血糖を測るとき、銃のように毎回消費するものがあって、それが血糖センサーというものです。

血糖測定をする理由

血糖値が病的に高い状態が糖尿病です。
その血糖を測定するのがこの血糖自己測定器です。
血の中の糖が高いと、血管が破壊されたり、様々な重大な病気を併発します。

その血糖を下げるホルモンを投与するインシュリンを打っている(自己注射)糖尿病の人は、 血糖をコントロールする必要が有ります。
合併症などの防止の為に高くなることを防ぎますが、インシュリンのコントロールが悪いと低血糖になったりする。
症状や人によって投薬の量も違うので、それを医者が判断する材料になる。

インシュリンを打たない人が血糖測定をする理由

インシュリンを打たない人が血糖測定をするのは保険診療ではなく実費です。
ですが、糖尿病はたいていの人は悪い生活習慣の結果病気なので、
毎日の食べ物とか、行為が血糖に及ぼす影響と病気の状態などを医者も自分も理解する上で行います。
血糖のコントロール、治療をすると、様々な将来の合併症などを回避できたり、
本人が、大変な治療を将来する防止にもなります。

血糖測定を実費でする費用

血糖自己測定器という一台15000円ぐらいの機械は大抵病院で貸してくれます。
買うならば15000円以内でしょう。
血糖センサーは大体一箱25回分入り3150円、針は420円ぐらいです

インシュリンを既にうっている人の費用

インシュリンを既にうっている人は
糖尿病管理料 820点 毎月算定できる。
自己血糖測定 月20回400点 月40回580点 月60回860点。

月40回測定だと10点×10円なので、12200円が病院の売り上げになり、
病院での糖尿病の管理を、30日に一回、60日に一回、90日に一回だと、
糖尿病管理料が、1〜3ヶ月に一回なので、
3割負担で医療費の負担が大きい人は、2月目から受診しないと820点が浮くので一月2500円ぐらい節約する事が出来る。
測定器、血糖測定用のチップ・センサー、穿刺具、消毒用綿花等の費用はすべてこの中に含まれます。

もうすこし詳しい診療報酬の算定については以下にかかれていました。
在宅自己注射指導管理料、主に糖尿病の算定の仕方